木造住宅のメリット・デメリットとは?構造の種類や耐用年数などのお役立ち情報を紹介

木造住宅にはいろいろな種類があり、それぞれ特徴が異なることからその内容を充分理解した上で比較検討を行うことが大切です。従来は木造住宅は木材のみを使用してその性質を効果的に活用するものとなっていました。しかし近年ではこれに加え様々な自然災害から生活を守るために必要な要素を満足することがポイントとなっており、そのために様々な情報がインターネット上で公開されるものとなっています。 その中で最も自分が重要視するポイントを見つけることで、これを基準にいろいろな会社を比較し、最適なものを選ぶことが効果的です。

鉄骨造住宅と比べて設計の自由度が高い木造住宅

木造住宅は、鉄骨造住宅と比べて設計の自由度が高いと言われます。その理由は、木造住宅の多くが木造軸組工法を採用している点にあります。この工法では柱や梁の位置を自由に決めることができるため、間取りやデザインの幅が広がります。例えば大きな吹き抜けを設計したり、スキップフロアやロフトを設置する、断熱性や気密性に優れた省エネ性の高い住まいを建てるなど、鉄骨造住宅では難しい間取りも実現が可能になります。また変形地や狭小地など、難しい条件の土地であっても、木造軸組工法なら柔軟に対応することが可能になります。このような木造軸組工法による木造住宅に対しては、高いニーズが認められます。例えば家族構成やライフスタイルの変化に合わせて、住まいを自由にカスタマイズしたい、個性的でオリジナリティあふれる住まいを実現したい、土地の形状や条件に合わせて、最適な間取りやデザインを希望するなど、このようなニーズは決して少なくありません。

木造住宅の造り方には2種類の工法がある

木造住宅の工法には、大きく分けて木造軸組法と木造枠組壁法(ツーバイフォー)の2種類があります。このうち、木造軸組法は日本古来の木造住宅のもので、柱や梁、筋交いなどを組み合わせて空間を構成する手法です。柱や梁の位置を自由に決められるため、間取りやデザインの自由度が高く、狭小地や変形地にも対応しやすいという特徴があります。また、増築やリフォームにも向いているのですが、柱や梁の配置によっては耐震性や防火性が低くなる可能性があるという点に注意しなければなりません。一方の木造枠組壁法は欧米から輸入された工法で、木製パネルと角材で壁や床、天井という面を作り、その面を組み立てて家を建てるやり方です。面で構造物を支えるため、耐震性や防火性が高く、施工も簡単でムラが少ないです。加えて、断熱性や気密性も高いため、省エネルギーにも優れているのですが、面のサイズが決まっていることから間取りやデザインの自由度が低く、増築やリフォームには不向きとなっています。

古くから多くの木造住宅で採用されてきた在来工法

木造住宅に現在も採用されている在来工法は、海外では石器時代、日本国内では縄文時代ごろに伝来したと言われており、世界各国の遺跡から同じ作りの建物の一部が見つかっています。数千年もの時を経ても一部とは言え形が残されていると言うことは、それだけ優れた堅牢性を保っていたことを表わしていました。そんな在来工法は時代と共にアレンジが繰り返されながら、現代の木造住宅にも多く採用されています。四角い外枠の基礎を作ったところに支柱を立て、対角線上に補強する柱を入れることであらゆる角度からの圧力に耐えることができます。この工法が生まれた頃からその強度を活かし、2階以上の建物が増えています。耐震性も比較的高く、現在の耐震基準が策定される前に建築された建物よりも、古い木造住宅の方が高い堅牢性を持っているのには、この在来工法の存在があります。後に再評価されたことから、公共施設から一般住宅まで様々なシーンで利用され、安心安全に役立っています。

日本の気候に適した住まいを建てやすい木造住宅の在来工法

木造軸組工法は在来工法とも呼ばれ、日本の木造建築で最も多く採用されてきた、伝統的な工法で知られます。地面から垂直に立てた柱と、そこに水平に渡した梁で骨組みを作り、筋交いなどで補強して建物を支えていくのが、この工法の仕組み。柱や梁の位置を自由に決められることができるので、間取りやデザインの自由度が高く、日本の気候や風土に適した木造住宅を実現しやすいと言えます。また木材の特性を生かした工法としても知られ、熱伝導率が低い木材を多用することによって、夏は涼しく、冬は暖かく保つことが可能です。同時に木材は調湿効果にも優れているため、湿度が高くなりがちな日本の気候にも適しています。耐震性に優れていることも、在来工法による木造住宅の強みです。柱や梁で建物を支える構造に加え、その間を筋交いで補強しているため、地震の揺れに強いという特徴があります。まさに地震が多いことで知られる日本で培われてきた、独自の工法と言えるでしょう。

木造住宅の在来工法は通気性を確保しやすい

いわゆる在来工法と呼ばれる木造軸組工法で木造住宅には、幾つものメリットがあることで知られます。例えば通気性に優れていることもその1つでしょう。柱と梁で建物を支える在来工法では、壁や天井の構造がシンプルになる傾向があります。すなわち壁部分は、柱と梁の間に板をはめ込むだけの構造であるため、空気の流れが妨げられることがありません。また天井部分も梁と梁の間に下地材を張り、その上に仕上げ材を貼るだけの構造であるため、通気性を確保することが可能になります。窓や換気口の設置が容易なことも、在来工法の木造住宅が風通しに優れる理由と言えます。これは壁や天井の構造がシンプルなので、窓や換気口の位置や大きさを自由に決めることができるから。同時に窓や換気口のタイプの選択肢も広がるため、あえて換気量に優れたタイプを選ぶことも可能になります。さらに耐力壁が少ないことも、優れた風通しを実現できる理由で忘れてはならないでしょう。在来工法では耐力壁が少ないため、開口部を大きく取ることができます。その結果、室内と外気の空気の流れが活発になり、風通しに優れた住まいの実現につながります。

木造住宅の耐久性はハウスメーカーによって差が出る

木造住宅は、ハウスメーカーによって採用している工法が異なります。独自の耐震構造を採用しているところもあり、どこを選ぶかで耐久性は変わってきます。そのため、長く安心して住める家を購入したいなら、導入されている工法を比較して、より信頼性が高いと思えるハウスメーカーを選ぶのが良いです。各社とも、この点はアピールポイントになるため、素人にもわかりやすいように、パンフレットや公式ホームページ党で説明しています。また、営業所やモデルハウスなどの無料相談においても、担当者が説明しています。分からないことは直接聞いた方が疑問点が解消されるので、自分で見られる情報のみから判断するのではなく、直接話してみるのもおすすめです。 木造住宅に強いハウスメーカーはいくつかあるので、比較しながら決めると良いでしょう。一社のみでは善し悪しが分かりにくくても比較をすれば比較対象がある分、どっちが良さそうか判断しやすくなります。

木造住宅は接合金物の強度によって耐久性が変わる

日本では木造住宅の多くが、いわゆる在来工法と呼ばれる木造軸組工法を採用しています。この工法では柱や梁などの木材それぞれを、釘や金物で接合して組み立てるため、接合金物の強度しだいで住宅の耐久性が大きく左右されると言えます。特に在来工法の木造住宅では木材の特性である柔軟性を活用し、地震などの揺れに耐える構造が一般的。このため接合金物の強度が低い場合には、接合部にかかる力が負担となって、そこに変形や破損を引き起こすだけでなく、住宅全体の耐久性も低下して、地震などの災害時には倒壊などの被害リスクが高まってしまいます。一口に接合金物といっても、釘やビスなどの伝統的なタイプから、鋼板や鋳鉄などの金属まで、幅広く多種多様なタイプがあります。この点、鋼板や鋳鉄などの金属でできたタイプは、伝統的な金物よりも強さや耐久性に優れているのが、大きな特徴です。したがって耐震性の高い木造住宅を希望するならば、これらのタイプを積極的に活用することが求められます。

木造住宅の床構造は住まいの快適性に影響する

これから木造住宅を建てるならば、床構造についてもしっかり理解しておくことが求められます。なぜなら、この部分こそ木造住宅の快適性に影響を及ぼすから。まず最もオーソドックスな床構造には、根太床があります。これは床下空間を設けて、根太と呼ばれる梁を土台や柱に渡し、その上にフローリングや畳などの仕上げ材を敷くのが通常の仕組みです。施工が容易でコストも比較的安価なことに加え、耐久性や断熱性さらに遮音性まで高いことが大きなメリットです。その反面、床下空間の掃除やメンテナンスが必要になるため、維持するための手間や費用がかかる傾向があります。このデメリットをカバーできるのが、スラブ床と言えるでしょう。これは床下空間を設けず、土台や柱から直接フローリングや畳などの仕上げ材を敷く構造。床下空間がないため、床下空間の掃除やメンテナンスが不要なのが大きなメリットです。他方で、施工が複雑でコストが比較的高価になりがちな上、耐久性がやや劣ってしまうのが弱点と言えます。

在来工法の木造住宅はリフォームを実施しやすい

木造住宅には、リフォームを実施しやすいなど様々なメリットがあります。 施工が容易でコストが抑えられる木造住宅は、吸湿性や断熱性が高く地震にも強いです。 木造住宅の代表的な工法が在来工法で、柱や筋交いなどを一本ずつ組み上げます。 デザインや間取りを変更しやすい特徴があり、リフォームに向いています。 柱などの構造材が木材なので、簡単に組み合えや解体を行えます。 床や壁なども簡単に交換できますが、リフォームを実施する際はプロに相談します。 キッチンや浴室など水まわりのリフォームや間取りの変更により、快適に過ごせる住宅を実現できます。 木造の住宅はコンクリートや鉄など他の構造材よりも安価なので、建築費用を抑えられます。 重量も軽いので、基礎工事を行う際も鉄やコンクリートに比べて費用が安くなります。 木材は湿気を吸収して放出する性質を持っているので、夏は涼しくて冬な暖かいです。 木材の風合いを生かして、ナチュラルな雰囲気の優しい住宅にリフォームできます。

沖縄 木造住宅に関する情報サイト
木のお家を作ろう!

このサイトでは、日本国内では一般的なものとなっている木造住宅のメリットとデメリットを詳細に解説しています。構造の種類や耐用年数などの影響を含めて詳しく説明を行っており、これらの内容を詳しく知りたい場合に貴重な情報源となる場合が少なくありません。特に2種類の基礎構造や、構造でチェックしておくべきポイントは安心できるものを手に入れるために非常に重要な要素となっており、これを知ることでその選び方が充実したものとなることがメリットです。

Search